コンテンツへスキップ

睡眠時間は体の健康の栄養分

私が健康で一番気を付けている事は「睡眠」です。

最低でも6時間以上は必ず寝るようにしています。睡眠時間が少なくなりそうな場合はなるべく質を高めるようにアロマを焚いたり良い枕を購入したりして、疲労回復に努めます。

ついつい睡眠時間を削ったり夜更かしが続いてしまったとき、日中ボーっとしてしまうことがよくありました。また、頭痛がしたり、体内時計が狂って便秘や食欲不良を起こします。体がのぼせてしまうこともありました。肌荒れ、目の下のクマ、無気力、とにかく不健康そのものでした。

休日はなるべく早く布団に入り、寝室は遮光カーテンで光が入らないようにして、寝具を清潔にしてなるべくでいいので長く深く寝るようになって、身体がしゃきっとしたようです。

目覚めがいいので、朝ご飯もしっかり食べるようになり顔色もよくなりました。

睡眠は、食事の栄養バランスのような形で、質、量、環境などパラメーターで表すことができます。

まさに、健康のための栄養分のひとつなんですね。